変わらずに在り続けるには

今年3月に設置された「議会改革推進会議」の座長として、精力的に議論を進め一次答申、二時答申を行い本日、議案を上程いたしました。

議会が県民に身近な存在として、変わらずに在り続けるためには、社会の変化に応じ、自らが変わらなければならないことを、我々議員一同は深く認識すべきであります。

かかる認識のもとに、見直しにあたってはパブリックコメントを実施し、全会派の意見を踏まえ、改正条例案を作成し今回提案をいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です