県民の負託に応える

「県議会改革推進会議」が昨日、2次答申案を決め常井議長に最終答申として提出しました。

3月24日の設置以来「議会基本条例」の見直しや議会審議等の充実、ICT化の推進、会期のあり方、県議選投票率向上への取り組みなど、委員の皆様には各般にわたり真摯な議論をいただき、座長として感謝申し上げます。

会議としてはこれをもって終了しますが議会改革の歩みに終わりはありません。

コロナ禍にあって議会の権能を最大限発揮するべく、自らが変革していくことが県民の負託に応える最良の道であると、改めて認識いたしました。

舘座長代理をはじめ委員の皆様に改めて感謝申し上げます。

明日は推進会議の提言を受けて早速、日曜議会が開かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。