2016年10月1日 茨城新聞

県議会を振り返って

2016年10月1日 茨城新聞
2016年9月定例議会の振り返えりが掲載されました。

取材では県議会を振り返っての感想を何点か述べさせていただきました。

〈若者の県議会傍聴〉
●選挙権年齢の引き下げにより、生徒の県議会傍聴が増え本会議及び常任委員会へ延べ19校・669人の生徒が訪れました。若者の政治離れや無関心などが叫ばれる中、このような経験が政治への関心を高めるきっかけとなる事を期待しています。

〈政策条例の実現について〉
●これまでに我々議員から提案した政策や条例について取り組み状況や成果などについて質し、執行部からは予算措置などに積極的に取り組んでいる旨の答弁を得た。

〈議会改革について〉
●「議員定数及び選挙区の在り方」を議論し「一票の格差の是正」、「逆転現象の解消」などが図られ結果的に議員定数も1名減となる等12月の議会において条例の改正を行う予定。

議会改革に終わりはなく今後も継続的に議会改革に取り組んでいきます。

ISSEI

2016年9月30日 茨城新聞

上野東京ライン
JRに要望

2016年9月30日 茨城新聞
JR東日本本社にて要望を行いました。橋本知事、県議会議長始め7名の関係市長が川野邊副社長に要望を行いました。

要望趣旨
●通勤時間帯における取手より北からの東京駅・品川駅乗り入れ
●特急の停車駅及び運転区間の見直し
●特急料金体系の見直し

ISSEI

2016年7月21日 茨城新聞

TX延伸早期実現
国交省に支援要望

2016年7月21日 茨城新聞

2016年6月22日 茨城新聞

県議会を振り返って

2016年6月22日 茨城新聞
2016年6月定例議会の振り返えりが掲載されました。

●定例会では、熊本地震や昨年の関東・東北豪雨など防災対策の質疑が活発に行われました。私は議長として県民の安全を守るために「大規模災害対策調査特別委員会」を直ちに立ち上げました。「想定外の災害」と言われるが災害対応には想定外はあってはならない。 「そなえよ つねに」です。

●さらにTXの東京駅延伸が「交通政策審議会」の答申に盛り込まれました。私は県議になって以来ずっとこの問題に取り組んできました。全ての鉄道は東京駅に接続しなければ意味がありません。東京駅に接続することが出来ればその先の延伸も可能です。東京駅は日本の終着駅であり、始発駅です。

東京駅に結ぶ事によりTX沿線の守谷、つくばみらい、つくば市の潜在力が格段に向上し、茨城の発展に繋げることが出来ます。

ISSEI

2016年5月31日 茨城新聞

東京駅延伸が生命線

東京駅延伸が生命線
つくばエクスプレスの東京駅延伸が茨城県の生命線を握っていると強調いたしました。

ISSEI

2016年5月31日 茨城新聞

茨城県選出国会議員に
予算提案と要望

茨城県選出国会議員に予算提案と要望
茨城県選出の国会議員の先生方に平成29年度「国の施策及び予算に関する提案・要望」説明のため東京に向かいました。

出席者は知事、県議会議長、副知事、教育長始め全部長が出席いたしました。国の来年度の予算編成にあたり、今日の「提案・要望」が実現できるよう、本県選出の国会議員の先生方に特段のご高配をお願いしました。

特に私からはTXの東京駅延伸について、より一層の支援を行うよう要望いたしました。

ISSEI

2016年5月7日 茨城新聞

県議会の役割講話

県議会の役割講話
茨城大学人文学部 馬渡 剛教授からの要請で「地方創生とリーダーシップ」での特別講義をいたしました。

早い時期から依頼されていたのですが、いよいよ明日になってきました。100人を超す学生さんにどんなメッセージを発したら、90分間の授業を楽しんでいただけるのか? 選挙年齢も18歳に引き下げられました。私がこれまで取り組んで来た政策条例や、今取り組んでいる議会改革をわかりやすくお話しいたしました。

また私が皆さんと同じ年齢の時に何を考え何をなしてきたか、世界を旅した話を織り交ぜながら語りました。

これからの茨大生に望む事は、世界を舞台に国際社会の指導者として活躍出来る人間になってほしいと思います。

ISSEI

2016年4月10日 茨城新聞

高速道路に桜
訪客期待

高速道路に桜を植えようプロジェクト
私が提唱している「高速道路に桜を植えようプロジェクト」の呼びかけです。

高速道路の広い法面やインターチェンジに桜を植えて南から北まで桜の花で埋め尽くしたい。地域の活性化とまちおこし、更には外国人観光客の誘致に繋がることが期待できます。「咲いてよし 散ってよしの 桜かな」

理屈はともかく、なによりも日本人は桜が好きです。私と一緒に壮大な夢を形にしてみませんか?

ISSEI

2016年3月25日 茨城新聞

県議会を振り返って

県議会を振り返って

2016年3月9日 茨城新聞

筑波大生2人議会委員を傍聴

筑波大生2人議会委員を傍聴
県議会の常任委員会を小川事務所にインターンで来ている筑波大生二人が傍聴しました。

私は総務企画委員会に所属していますがインターン生には興味のある委員会で傍聴するようにと伝えました。山田さんは教育に関心があるので文教警察委員会、仙臺君は農林水産委員会に興味を持ったようです。

委員会終了後、星田先生のインターン生二人が議長室を表敬してくれました。しばし話に花が咲きました。お疲れ様。

ISSEI

2016年2月13日 茨城新聞

茨城県議会正副議長に聞く

茨城県議会正副議長に聞く

2016年3月25日 茨城新聞

県議会を振り返って

県議会を振り返って

2016年2月11日 茨城新聞

粘り強い運動展開

粘り強い運動展開
北方領土返還要求茨城県民大会が日立市十王で行われました。

茨城県議会議長が大会会長になり、小川春樹日立市長が来賓の御挨拶を致しました。国後島 礼文磯出身の 眞下 清氏が元島民としての想いを語り、300人を超す参加者が聞き入っていました。

1日も早い北方領土4島を取り戻さなければなりません。

ISSEI

2016年2月4日 茨城新聞

県境越え連携を

県境越え連携を

2016年1月31日 茨城新聞

杭州定期便が就航

杭州定期便が就航