略歴

BIOGRAPHY

小川 一成(おがわ いっせい)
誕生:昭和22年9月20日
家族:母、妻、子ども3人
最終学歴:明治大学公共政策大学院 修了
小川 一成(おがわ いっせい)

お気に入りのiPad
 

役職

第107代茨城県議会議長
ボーイスカウト守谷第1団 委員長
茨城県青年海外協力隊を育てる会 会長
守谷市国際交流協会 会長
取手地区交通安全協会 会長
守谷市商工会 会長
 

略歴

平成27年: 第107代茨城県議会議長に就任
平成27年: 茨城県監査委員
平成26年: 茨城県議会議員6期当選
平成26年: 茨城県自由民主党 政務調査会長
平成25年: 通学児童生徒の安全確保の調査特別委員会 委員長
平成24年: 茨城県議会議員補選当選 5期
平成23年: 明治大学公共政策大学院修了
平成21年: 明治大学公共政策大学入学
平成20年: 守谷市長選に惜敗
平成20年: 守谷市長選挙のため茨城県議会議員辞職
 
平成19年: 第101代茨城県議会副議長に就任
平成18年: 茨城県議会議員4期当選
平成14年: 茨城県議会議員3期当選
平成10年: 茨城県議会議員2期当選
平成06年: 茨城県議会議員初当選
平成04年: 守谷町議会議員2期当選
昭和63年: 守谷町議会議員初当選
平成02年: 茨城県立水海道第一高等学校PTA会長

昭和64年: 守谷市立愛宕中学校PTA会長
昭和61年: 守谷市立高野小学校PTA会長
昭和47年: 小川交通(有)を25歳で起業
昭和46年: 明治学院大学経済学部 卒業
昭和42年: 大学を1年間休学して、ヒッチハイクで世界50カ国以上を旅する
昭和41年: 明治学院大学経済学部 入学
昭和41年: 茨城県立水海道第一高等学校 卒業
昭和38年: 守谷町立守谷中学校 卒業
昭和35年: 守谷町立高野小学校 卒業
昭和22年: 茨城県守谷町(現・守谷市)に生まれる

第107代 茨城県議会議長に就任

No.107 IBARAKI Chairman

小川一成の県議会議長特集
小川一成の県議会議長特集

ヒッチハイクで世界50カ国以上を旅

ADVENTURE

大学2年生の時に1年間休学をし、ヒッチハイクで世界50カ国以上を旅して歩きました。 
  
当時、日本から海外へ出るにはそれなりの苦労と覚悟が必要でしたが、世界を見たいという気持ちは抑えられず、周囲の反対を押し切り旅に出たのです。 
  
行く先々で強く心に刻まれたのは、人々の親切でした。私利私欲にとらわれない姿勢こそが人の心を動かすのだと、この旅は私に教えてくれました。それはその後の人生の原点となりました。

スイス、アイガーの山麓に位置するグリンデルワルトの村 学生時代の世界一周で訪れた年の3年後に、右手に見える教会で結婚式を挙げた

スイス、アイガーの山麓に位置するグリンデルワルトの村。学生時代の世界一周で訪れた年の3年後に、右手に見える教会で結婚式を挙げた

スイスの「メンヒ」(標高4,099メートル)に登頂

MOUNTAIN

ヨーロッパの三大北壁と呼ばれる山々に、学生時代からあこがれ続けマッターホルン登頂に挑戦。日本を発つ直前に右手薬指を骨折し、マッターホルン登頂は断念したものの、アイガーのすぐわきにそびえ立つスイスの標高4千メートル級の山「メンヒ」(標高4,099メートル)の登頂に成功。 
スイスアルプスの名峰、メンヒ山頂にて (標高4,107m) 後方は魔の山アイガー

スイスアルプスの名峰、メンヒ山頂にて (標高4,107m) 後方は魔の山アイガー

国際騎馬マラソンにて60kmを完走

MARATHON RACE

1995年8月に中央アジア・キルギス共和国で開催された 「第1回 国際騎馬マラソン」に参加。60kmのコースを4時間20分で完走しました。 
天馬の国 キルギス(中央本人) これらの馬は全て汗血馬。血の汗を流して千里を走る馬。

天馬の国 キルギス(中央本人)これらの馬は全て汗血馬。血の汗を流して千里を走る馬。

62歳の大学院生

STUDENT

20年間、政治の世界に身を置いてきた私の心に、 政治を学問の切り口で学びたいという気持ちが芽生え始めました。同時に『師となる人物に出逢いたい』という想いもあり、 62歳にして再び入学試験にチャレンジいたしました。
 
試験内容は論文と面接。 論文のテーマは「これまで何を学び、この大学院でどう展開したいか」。 主題として、最も印象に残っている『阪神淡路大震災での学び』を取り上げ、 現地でのボランティア活動の経験から痛感したことを、論文に書きました。
 
 
入学の後、大学院では公共政策を専攻。 最初の1年はTXの学割定期を利用し、週に5日通いました。 授業は、学生から社会人、県会議員や県庁職員、国の行政機関職員など、 様々な立場の生徒がテーブルを囲んで議論をします。 議論に答えはありません。 それを如何に論理的に組み立て論じるかが授業の評価となります。 時には先生さえも知り得ない方向に議論が進むこともあり、 毎日が『白熱授業』でした。
 
また、尊敬すべき素晴らしい人物にも出逢うことができました。 私の恩師である青山やすし先生は、東京都副知事を務めた経歴をお持ちです。 物事の本質を見抜く洞察力、チームを良い方向へ導く指導力、そして人間性など 大きな影響を受けました。 大学院で最も人気の高い『青山ゼミ』で学べたことを誇りに感じます。 更には学問を通じた世代間の交流やゼミ合宿など、期待上の充実した大学院生活を送ることができました。
 
 
2011年9月。 大学院での2年間の勉強を終え、無事に卒業いたしました。 

 

卒業論文 明治大学公共政策大学院

 要旨.pdf
 つくばエクスプレスの開業と沿線開発の現況と課題.pdf

茨城県青年の船

SHIP

2004年(平成16年)、11月に行われた茨城県事業「青年の船」に、指導員兼講師として参加をいたしました。。 
  
青年の船事業は、広い視野にたった地域青年リーダーの育成が目的であり、私は、船内で行われたテーマ別研修の講師として講義を行い、約450名の青年と交流を深めることが出来ました。

船内で行われたテーマ別研修での講師の様子(中央本人)

船内で行われたテーマ別研修での講師の様子(中央本人)

JICA理事長賞受賞

JICA

2006年(平成18年)10月、私が会長を務める、「守谷市国際交流協会」が、第3回JICA理事長表彰の団体部門で受賞いたしました。また2013年(平成25年)10月には、理事副会長を務める、「茨城県青年海外協力隊を育てる会」が、第9回JICA理事長表彰の団体部門で受賞いたしました。
 
第9回JICA理事長表彰の団体部門で受賞

受賞理由の中で私が県議会において提言し実現させたものが入っていた事に驚きと誇りを感じております。それは現職教員特別参加制度の促進と、帰国隊員の特別選考制度(教員採用試験の一部免除)の導入を一般質問で提言し、茨城県が全国に先駆けて実施したものです。この制度が出来るまで、学校の先生が協力隊で派遣が決まると先生を辞めて任国に赴いていました。この制度が導入されてからは先生のままで現職参加が出来るようになりました。

Q and A

Q.県議としての仕事を教えてください

県議としての職務は、年間でおおよそ130日。議会期間中に県庁へ行ったり、委員会活動で県内・県外視察をしたり。議会期間外でも、県庁で仕事を進めることが多くあります。その他に守谷市に居るときには市民が相談に来ます。道路や信号機の問題、通学路の安全に関する問題など、相談内容は多岐にわたります。
 
 

Q.入学式の来賓挨拶では、いつもどんな祝辞を述べるのですか?

学校側が言えないことを伝えるようにしています。大井沢小学校の挨拶では、「勉強は学校に任せて下さい。しかし、しつけは家庭でしっかりとお願いします。勉強もしつけも学校にお任せする、という姿勢ではいけませんよ」と、伝えました。中学生には私の好きな言葉でもある、「人生で一番、心身ともに成長する時期です。志を高く持ち、そして極めよ」と、伝えました。

2013年4月9日 大井沢小学校 入学式挨拶
 
 

Q.世界をヒッチハイクで旅をしたと知りましたが、世界を回るためのお金はどうしたのですか?

親にいくら反対されようが世界に出る、と決心していたので、お金の無心はできません。だからアルバイトをしてお金を貯めました。余談ですが、日本で自由に海外旅行が許可されたのは1964年4月1日以降。東京オリンピックが開催した年ですね。当時はドルが貴重な外貨でしたから、500ドルまでしか国外に持ち出すことができませんでした。1ドルが360円の時代でした。その500ドルを握りしめて日本を飛び出しました。不安よりも夢が叶えられる嬉しさが勝っていました。旅の途中、スウェーデンの片田舎でアルバイトをさせてもらい旅費を工面しました。
 
 

Q.色々とアクティブに活動されているようですが、どこからそのような力が湧いてくるのですか?

小学生の頃にいじめにあいました。今でも鮮明に覚えています。死にたい、そう思うほどのいじめを受けていたのです。でもね、死にも勝る苦しみを経験した次のステップは、ものすごく強くなれるのね。もしかしたら、いじめという苦難がいつか世界に飛び出したい、という気持ちを芽生えさせたのかもしれません。いじめが私を変えたのかな、とも思います。
 
 

Q.大学卒業後にスイスで結婚式を挙げたと聞きました...

大学を卒業後、職もないのに今の妻にプロポーズしました。今思うと、よく相手の親父は許してくれたなと思います。そして結婚式を挙げるために、4ヶ月間、彼女とヨーロッパ旅行に行きました。ヒッチハイクで回るわけにはいきませんからドイツでワーゲン車を購入しました。ドイツからスカンジナビア半島を1周し、フランス、オーストリアを旅して回り、いよいよ結婚式を挙げるためにスイスに向かいました。場所は、私が19歳の時、ヒッチハイクの旅で「結婚式を挙げるならここだ」と勝手に決めた教会です。スイス、アイガーの山麓に位置する『グリンデルワルトの村』にあります。

右手にみえる教会で結婚式を挙げました
 
 

Q.世界ヒッチハイクでの旅で、印象に残ったエピソードは何ですか?

昭和42年頃、私がヒッチハイクで世界を旅していた当時は、海外への渡航者が年間40万人程度で、そのほとんどを外務省や商社マンが占めていました。(編集注:2011年度は約1,700万人の日本人が出国)外国では日本人が珍しい、そんな時代でしたから、日の丸を出してヒッチハイクをすると、車はすぐに止まり、食事に誘ってくれたり、泊めてくれたり、行く先々で親切を受けました。正直、こんなにも親切を受けるとは予想外でしたね。特に印象に残った思い出は、北欧での旅です。北欧の夏は白夜で、真夜中でも太陽は沈みません。白夜の湖に舟をこぎ出し、白樺の棒きれの先に釣り糸を垂らすと、30分でマスが10匹以上釣れました。そのマスを食べながら家族の方と、白夜を語り明かしました。